ハウスメーカーで太陽光パネルを設置するメリット・デメリット

      2015/02/17 PV数: 38677

おはようございます。

毎度、モツでございます。

まだ2月だと言うのに、早くもGWを待っております。

さて、今回は「太陽光パネルを設置するならハウスメーカーで設置したほうが良いのか、それとも専門業者に頼んだほうが良いのか」を題材に呟いていきたいと思います。

 

Ads by Google

ハウスメーカーの太陽光パネル

ハウスメーカーと言うのは、名前の通り”住宅を建築したメーカー”ですね。

有名なハウスメーカーと言えば、住友林業さんとか、積水ハウスさん、パナホームさんなどがあります。

最近では、だいたいの大手ハウスメーカーで太陽光発電を取り扱っています。新築物件に関しては、太陽光発電が標準搭載され始め、また、既存顧客様にも提案を行っています。

s2_housing_image_04

ハウスメーカーが取扱うパネル

さて、いくらハウスメーカーと言っても太陽光パネルは専門外ですし、製造は出来ませんので太陽光パネルメーカーと業務提携を行い、販売しています。

導入事例を見ていると、シャープ、次点で京セラがよく採用されているように感じます。

どちらのメーカーも新築に合わせた屋根材一体型のパネルがあり、太陽光メーカーの老舗だけあってこの市場でのシェアが高いです。

個人的に驚きだったのが、パナホームさんが京セラを採用しているということでした。

新築時に設置するメリット

  • 前述した屋根材一体型パネルを採用することにより、外観を損なわない
  • 屋根材分の費用を削減できる
  • ハウスメーカーの屋根補償に加入できる

新築時に設置する場合のメリットは、こんな感じです。

建てたばかりですから、特に外観を気にする人も多いと思います。

三点目ですが、通常、既築住宅に太陽光パネルを設置しようとするとハウスメーカーの屋根補償は外れてしまいます。ですが、新築時に一緒に導入すればハウスメーカーが面倒見てくれるということですね。安心です。

新築時に設置するデメリット

  • 固定資産税が上がる
  • 見積が不明瞭

私も特別詳しいわけではないのですが、太陽光発電は資産として捉えられるため税金が上がります。

厳密に申し上げますと、新築時に限らず築年数が経過した自宅に設置した場合でも申告対象となり、課税されてしまいますが多くの人が申告をしていないのが現状です(苦笑)

money_008

二点目、見積が不明瞭という点ですが”見積上、太陽光発電システムが安く見えても他の部分で乗せられている可能性”は否定できません。

信用するほかないのですが、太陽光発電システム単体での金額ははっきりしませんね。

 

ハウスメーカーで設置するメリット

さて、ここまで新築時のメリット・デメリットについて呟いてきましたがここからは既築住宅に設置する際、ハウスメーカーに頼むほうが良いのか、専門業者に頼むほうが良いのかについて呟いていきます。

まず、ハウスメーカーで設置するメリットとしては”安心”が全てだと思います。

  • 補償を継続できる
  • アフターケアも安心
  • 信頼できる
  • 手間が削減できる

前述しました通り、屋根部分の補償を継続できます。外部業者で設置した場合、ハウスメーカーの屋根補償は外れてしまいますから、万一雨漏りした時など考えると安心です。

そして、大手メーカーであればあるほど企業体力もあり、設置してからのメンテナンスやアフターサービスなども安心できます。

何よりご自宅を購入するときに十分検討して決めたメーカーだと思いますので、信頼できますよね。太陽光の専門業者は胡散臭いのも多いですから、ハウスメーカーなら安心してお任せできると思います。業者選びの手間もなくなりますよね。

あと、業者の場合、見積書の作成などに屋根図面が必要になり、探したり出したりする手間がかかりますが、ハウスメーカーなら図面の控えがあるのでスムーズに話が進められそうです。

ハウスメーカーで設置するデメリット

  • 相見積を取らない場合が多い
  • 設置費用が高い
  • 担当営業が太陽光の知識に乏しい

ハウスメーカーで太陽光パネルを依頼する方の多くは、初めからハウスメーカーにお願いするつもりで見積を依頼する方が多く、相見積を一切取らない場合が多いです。

信用しきっているのでしょうが、これでは高額で吹っかけられてしまいます。

実際、二点目の”設置費用が高い”という点に繋がっていきますが、ハウスメーカーでお願いするつもりで見積を依頼したところ、予想以上に高額だったために相見積を取ったというお客さんも多くいらっしゃいます

そういったこぼれ球が私のところに来るわけです。ありがとうごさいます。

これは正解ですね。いくら相手がハウスメーカーであっても相見積は取ったほうが良いです。

メリットで紹介した”安心”の部分を盾にかなり強気な姿勢(高額)で攻めてきます。いや、提案してきます。

実際、私が見てきた見積書で相場価格、もしくはもっと安く提案している場合は極稀で、相場価格より高額であることが多いです。

素直に「これならハウスメーカーさんでお願いしたほうがいいですよ」って言える事例がありません…

まぁ私のところに相談が来る時点で「高いのかな」と違和感を持ったお客さんですので、そういった見積書を見る機会が多いのは当たり前なんですけどね。中には良心的な価格で出しているメーカーさんも居るとは思いますが、少ないと思います。

メリットが一転、デメリットにもなってしまっている場合があります。

 

三点目、実際お客さんからご相談頂くと「施工のこと聞いても全然知らなくて、金額だけで説明はほとんどなかった」と不安に思われる方も多いようです。

確かに、太陽光の専門ではありませんし、工事は外注でしょうけど、お客さんにとって大切な自宅に穴を空けたり、高い買い物なので、説明はしっかりして欲しいですよね。

 

今回のまとめ

まとめとして、ハウスメーカーで設置するメリットは”安心”、デメリットは”金額”ということです。

なら、専門業者に任せたほうが良いのかということですが、

  • アフターケアの体制がしっかりしている
  • 屋根補償・工事補償に加入している
  • 相場価格であること
  • 施工知識・技術がしっかりしていること

上記の条件を満たした業者であれば、ハウスメーカーより専門業者に任せたほうが良いと思います。

大切なご自宅ですからね。しっかりと吟味しましょう。

 

それでは、今回はこの辺で!

 - 住宅用, 太陽光発電 , , , , ,

Ads by Google

  関連記事

no image
太陽光発電の今後|売電がなくなる!来年度の売電単価がいくらなんて言っていられるのは今のうちだけ

  2015/02/05    住宅用, 太陽光発電, 蓄電池

no image
業者のホームページなんて所詮そんなもの

  2015/01/29    住宅用, 太陽光発電

no image
それってホントにMADE IN JAPAN?

  2014/12/19    住宅用, 太陽光発電

no image
販売・施工店を見極める

  2014/12/15    住宅用, 太陽光発電

images
【太陽光】メーカー別|保証内容徹底比較!

  2015/02/14    住宅用, 太陽光発電