今年度売電単価!間に合わせたいなら設備認定を急ぎましょう

    PV数: 2141

おはようございます!

今日は一段と寒いと思ったら、雪がちらついていましたね。

 

さて、本題ですが今年度の売電単価のを獲得するために「設備認定」という手続きが必要なのですが、締め切りが今日まで!

もう契約して、工事待ちの人も業者に最終確認しておきましょう!

Ads by Google

そもそも設備認定って何?

無題

資源エネルギー庁のホームページによると、

本制度で売電するためには、事前に設備の認定を必ず受ける必要があります。設備認定とは、法令で定める要件に適合しているか国において確認するものです。

引用元:なっとく!再生可能エネルギー 固定価格買取制度 設備認定

と、あります。

風力発電やバイオマス、太陽光などの再生可能エネルギーに位置付けされているものにはそれぞれ定められている要件があるんですね。

例えば、太陽光であればパネルの品質が一定基準を超えているかなどなど。国内で販売されている太陽光パネルで言えば基準は大丈夫でしょう。

簡単に言えば、最低限のルールを守ってくれれば、国が売電単価をお約束しますよってな話でして、今年度の売電単価(37円/kWh)でやれますよってことです。

 

来年度の売電が、例え36円だったとしても1円でも高い時にやりたいですよね。

 

ネット申請が可能に

この設備認定が資源エネルギー庁のホームページからネット申請ができるんですね。

ただ、サーバーがパンクするんじゃないかって予想されていまして、見事予想的中です(汗)

 

数日前から、繋がりにくく重たい状態が続いています。う~ん…

慌てて申請したい人には死活問題ですよね。

 

「とりあえず」の申請は困難に

昨年までは、「まだ検討中だけど”とりあえず”設備認定だけ取っておきますか!」が通用したんですね。

実際、導入することが決まって申請内容と中身が違っても変更すればいいやってゆる~い感じ。

ですが、これが大きな問題に。

 

各電力会社の管轄で電気の需要と供給のバランスがありますよね。その為、太陽光の電力の買取にも限度がありまして、その”とりあえず”で取った人が予想以上に多くて、本当に設置したい人の設備認定が通らないなんてこともありました。

一昨年、去年とそんな感じでしたので、今年は対策してきたんでしょうね。

ただ「とりあえず」設備認定申請ができる例外があります。

  1. 10kW未満の住宅用太陽光発電システムの場合
  2. 10kW以上で20%未満の出力減少の場合

とりあえず、住宅用は大丈夫そうですね。

例えば、パナソニックで設備認定出して、検討の結果京セラに変更でも余剰電力なら大丈夫だそうです。

昨年は2月末までの期限でしたが、1ヵ月も縮まってバタバタですね。

 

とりあえず、今日までに設備認定の申請まで完了していれば問題ありません。

 

今回の呟きはここまでで!それでは!

 - 住宅用, 太陽光発電 , , , , ,

Ads by Google

  関連記事

no image
ちょっと待って!太陽光の販売価格はもっと下がるんじゃないの?

  2014/12/27    住宅用, 太陽光発電

NRR2013115340_00-thumb-1057x595-310356
年度明けましたし、最近の太陽光情勢を呟いてみる

  2015/04/28    住宅用, 太陽光発電

名称未設定-2
2014年、国内シェアを占めたのは国内メーカー?海外メーカー?

  2015/01/22    住宅用, 太陽光発電

名称未設定-2
結局、どのメーカーに決めればいいの?

  2015/01/20    住宅用, 太陽光発電

In financing, the President is busy.
売電が無くなる?2019年問題に触れてみる

  2016/05/23    住宅用, 太陽光発電