エコキュート単体での導入と言うのも一つの手だと思われます。

    PV数: 8061

ども!毎度モツです!

前回の呟きからしばし間が空いてしまいまして…

しかも「続編呟くよ!」という締めくくりで…すいません。

さて、今回のテーマですがオール電化」に触れながら、前回記事の続きも兼ねた内容にしていきたいと思っております。

alldenka

Ads by Google

そもそもオール電化のメリットとは

オール電化というワード、皆さんも聞いたことあるかと思います。

その名の通り、家中からガスを全てなくし、お風呂などのお湯を沸かすガス給湯をエコキュートに、料理するガスコンロをIHクッキングヒーターに、ガスだった部分をすべて電気でカバーします。

そして、ガスより電気のほうが安い為、光熱費が下がるというもの。

正確には、オール電化用のプランがある為に安くなります。

それが、私が考えるオール電化にする最大のメリットだと思っています。

例えば東電ではこんな感じに時間割されています。

home06-j_img-01

昼間や、ピーク時は電気料金が高いですが、反対に使用量が少ない深夜の時間帯は格段安くなっています。

エコキュートはこの深夜の安い電気を利用して1日分のお湯を沸かしてくれます。

 

エコキュート単体で良いんです

結果、光熱費削減に繋がっていくわけですが、この「タイムシフトプラン」、前述したとおりオール電化用のプランではあるのですが、オール電化にする必要はなく、あくまで「タイムシフトプラン」の対象機器であるエコキュートだけでも導入すればプランを変更する事が出来るんです。

これ、意外と知らない方も多いみたい。

 

だいたい、エコキュートへの切り替えのタイミングは今使っているガス給湯器が壊れたときです。

「お得な電気プランもあるし、エコキュートに変えたいけど、料理はガスがいいなぁ…」って、ホントに良く聞きますが、答えは簡単で、”エコキュートだけ導入して、電気プランを変更、ガスコンロは残す”で、解決できます。

電力会社とガス会社から、いいとこだけ抜き取ってしまいましょう。

もちろん、IHクッキングヒーターは掃除もしやすく、昔みたいな火力不足も今の商品にはありません。そして、火を出さないため安全なので、オール電化でもいいと思います。

今回のまとめ

今回の呟きは、オール電化を勧めるでも、反対でもなく、あくまで「エネファームよりは現実的」な提案だと思っています。

現状では、給湯器はガスより、エコキュートのほうがメリットが多く、コンロは好みと言う感じです。

ガスを残したいがために固執して、エネファームやらなんやら検討するぐらいなら、という程度で参考にしてもらえればと思います。

それでは、今回はこの辺で!

 - ガス , , ,

Ads by Google

  関連記事

20090327-01_05
ダメだ、エネファームだけはメリットが見出せない

  2015/06/23    ガス

20090327-01_05
「増えてます。エネファーム」はいいけど、実際どうなの?

  2015/02/10    ガス